家を資産活用に利用する|マンションを綺麗に保つためにもサークルホームを利用しよう

家を資産活用に利用する

メンズ

利用できる場面

一戸建てや分譲マンションを所有している方が転勤になり、しばらく家に住めない状況になる場合があります。転勤している間、空き家にしておくこともできますが、部屋の空気を入れ替えるなどの手入れが必要です。空き家の管理を依頼することもできますが、費用がかかります。そんな時には、リロケーションを利用するのが効果的です。リロケーションにより、期間を限定して賃貸借契約ができますので、契約期間を調整することで、貸したい期間だけ家を貸すことができます。家賃収入もありますので、持ち家のローンや、税金の負担を軽減することにも役立ちます。家を使わない間だけ、資産として活用できますので、転勤などの予定があるなら検討しておきましょう。

依頼する業者を探す

転勤などで家の管理ができない場合に、リロケーションを利用するのであれば、入居者の管理などは管理会社などに委託します。リロケーションには、家を誰に貸すのかによって、幾つかの契約方法があります。「代理委託方式」は、家の所有者と入居者が賃貸借契約をするもので、「転貸借方式」は、家の所有者と管理会社が賃貸借契約を行ないます。前者の場合であっても、入居者との契約などは、業者が行なってくれる場合も多いです。後者は、リロケーションにかかわることは、すべて業者に任せることが可能です。リロケーションの検討は、時間のあるうちにしておくと、転勤する際に余裕をもって対応できます。家の賃貸料などを、複数の業者から一括査定できるサイトもありますので利用してみましょう。